本棚、壁のこと、花屋さん通る度に増えてゆく花の種類にとりつかれていた2月

どうしていろんな色になるのかなということにひっかかっている 水も空も青く見えていても透明だし

眩しくてうしろかまえかもわからない

レモンを取りに駆け降りたら朝焼けと夕焼けがおなじ色だった日 あいだの朝はあかるくて甘いカステラと

お花をさげたひと 久しぶりにパスタをゆでる まわり道、遠回り、鍵穴に素直に鍵をさして開けるなどのはなしをする きっと鍵はすぐなくすから探してる時間が長すぎるのだなあ…